キノコ類 デザイナーフーズリスト 抗がん食品

キノコ類

キノコ類

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【キノコ類】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

日本には、1,500種以上のキノコがあると言われています。

 

その中でも食用になるキノコは『700種以上』あるそうです。

 

近年では、キノコの抗がん効果を調べる研究が盛んに行われ、抗がん効果としての発表が多く聞かれるようになりました。

 

中でも漢方として古くから知られる【サルノコシカケ(霊芝)】は抗がん効果があるとして有名です。

 

 

最近では、シイタケ、ヒメマツタケ、マイタケ、シメジ、マツタケ、スエヒロタケ、カワラタケなどには、ビタミンB2・D、β-カロテン、レンチナン、エリタテニン、Dフランクション、MAP、ミゾフィラン、クレスチン、食物繊維などの成分が含まれる事でガン予防、ガン・腫瘍の増殖を抑えるなどの効果があると言われます。

 

その他にもキノコ類には、身体の免疫力を高める、ウイルスに対する抵抗力をつける、コレステロールを下げる、骨を丈夫にする、動脈硬化を予防する、便秘の予防や改善などの効果があると言われています。

 

1日の摂取目安量

シイタケ:2〜3枚   シメジ:1/4パック   マイタケ:10g  など

私の個人的感想

※市販のキノコも良く食べますが、私はキノコ採りが趣味なので、やはり自然の中で採れたキノコの味は格別なものがありますね。

 

 

 


トップへ戻る