キャベツ デザイナーフーズリスト 抗がん食品

キャベツ

キャベツ

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【キャベツ】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

概要 キャベツなどの淡色野菜は、緑黄色野菜に比べると軽視されがちのようですが、淡色野菜は高いガン予防の効果があると言われています。

 

キャベツには抗酸化作用がある、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンU、ビタミンK、食物繊維など、ガン予防成分が含まれている事から、【キャベツは自然治癒力を高める】と言われています。

 

また、キャベツは特に汁に含まれる成分が免疫力を高める効果が強いので、生で食べるのが一番良いと言われています。

 

しかしキャベツは、加熱調理をすると量を多く摂る事が出来ますので、結果的に、生でも加熱後でも効果的に大きな差は無いようです。

 

*芽キャベツもキャベツ同様の効果があるそうです。

1日の摂取目安量 葉1.5枚程度(約90g)

淡色野菜と緑黄色野菜合わせて約【350g】が理想

私の個人的感想 キャベツは野菜の中では好物のひとつで、生でも加熱しても比較的良く食べている野菜です。

 

 


トップへ戻る