キュウリ デザイナーフーズリスト 抗がん食品

キュウリ

キュウリ

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【キュウリ】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

キュウリは、90%以上が水分ですが、ビタミンA・B群・C、カリウム、カルシウム、食物繊維などが含まれる事でガン予防の効果があると言われています。

 

その他にもキュウリは、皮膚や粘膜、目の網膜を健康に保つ、細菌やウイルスへの抵抗力をつける、利尿作用、むくみを改善、ナトリウム(塩分)の排出、高血圧などの効果があるそうです。

 

ちなみにキュウリの栽培は、ツルを支柱にしっかり固定し這わせる方法と、地面を這わせる栽培法があります。

 

ともに10度以下の低温には弱く、また25度以上の高温にも弱い。

 

ウリ科の植物同士の連作にも弱い。最低でも3年を空けて植えるか、接ぎ木苗を使います。

 

根が浅いため乾燥に弱く、高温乾燥が続くとあっという間にうどん粉病などの病気にかかり枯れる。

 

種まきの時期をずらしながら栽培することによって秋まで収穫出来るそうです。

 

 

また、まだキュウリの実が小さいうちに収穫したものを「もろきゅう」(「もろみキュウリ」を略した言葉でもある)と言い、主に生で食べる。

 

さらに未熟で花の付いた物は「花丸キュウリ」と呼びます。

 

ただし、地域によって呼び方や規格が異なることがある。品種改良によって苦味を取り除いたキュウリも登場しているそうです。

 

 

1日の摂取目安量

:中サイズ1本程度

私の個人的感想

※私はキュウリもみ、漬物、生かじり、サラダなどで良く食べます。

 

 

ウィキペディア参照

 


トップへ戻る