セロリ デザイナーフーズリスト 抗がん食品

セロリ

セロリ

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【セロリ】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

セロリ独特の香りは、『アイピン』と言う成分からだそうです。

 

セロリの食べ方として、通常は茎を食べますが、栄養成分ビタミンA・B1・B2・C・E、カルシウム、鉄分、マグネシウム、食物繊維などが含まれるのは茎よりも葉の方が多く含まれているそうで、抗酸化作用の働きで癌予防の効果があると言われています。

 

その他にもセロリは、便秘予防の改善や酸化した血液を浄化させる作用、血行の改善、肝臓の働きを活性化させるなどの効果があると言われています。

 

また、セロリの葉を天日干ししたものや、野菜くずの葉を布袋に入れて入浴料として用いることによって体を温める効能もあり、精油が湯に溶けて肌を軽く刺激し、血液循環を良くして冷え性や肩こり、疲労回復に効能があるとも言われているそうです。

 

【輸入のセロリは茎のみ!】
日本に輸入されてくるセロリは検疫の関係で葉より上部の部分は全て切り落とされて茎から下の部分だけになるので、国産品と輸入品の見分けは付きやすいそうです。ちなみに日本に輸入されるセロリはアメリカ産が大部分との事。

1日の摂取目安量

1本(葉付き)の1/4

私の個人的感想

※私はセロリを丸かじりして食べる事が出来る人を羨ましく思います。セロリは私はニンジンより苦手で未だに食べることが出来ないでいます。

 

ウィキペディア参照

 

 

 


トップへ戻る