トマト デザイナーフーズリスト 抗がん食品

トマト

トマト

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【トマト】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

トマトと聞くと『トマトが熟すと医者が青くなる』と言う諺を思い出します。

 

トマトには、ビタミンC・E、β-カロテン、リコピン、セレン、食物繊維などの成分が含まれることで癌予防の効果があると言われています。

 

特にトマトの赤い色素部分、【リコピン】はβ-カロテンの2倍の抗酸化作用があると言われています。

 

その他にもトマトには、細菌やウィルスに対する抵抗力をつける、疲労回復、血圧を下げる、便秘の予防と改善などの効果があるようです。

 

また、トマトケチャップをはじめ、トマトソース、ピザソースなどに用いられるためトマトの年間消費量は1億2000万トン以上と、野菜の中でも世界1位だそうです。

 

ちなみに、美味しいトマトの見分け方としてヘタがきれいで色の良いものが薦められているが、あまり当てにはならないそうです。

 

トマトの味は品種や産地、栽培方法、栽培農家などによって味にかなりの差が出るためだからとの事。

 

なので、スーパーなどで一度購入して、美味しいと感じたトマトの袋やラベルを覚えて次からはそれを購入するといった方法が確実だと言えますね。

 

 

1日の摂取目安量

中2個 もしくは 大1個

私の個人的感想

※私はトマトは大好物ですが、市販のトマトジュースは大の苦手で飲めません。
しかし末期がん患者となってからは、身体の免疫力を考えて苦手のトマトジュースを飲んだ事を思い出します。

 

ウィキペディア参照

 

 


トップへ戻る