ナス デザイナーフーズリスト 抗がん食品

ナス

ナス

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【ナス】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

ナスは癌予防に関しては、他の野菜より優れていると言われています。

 

ナスには、ビタミンC・E、カリウム、β-カロテン、フェノール、ナスニン、食物繊維などの成分が含まれることで、ガン細胞の増殖を抑制すると言われます。

 

特にナスのヘタや皮の部分に、ガン細胞の増殖を抑制する効果があるそうです。

 

その他にもナスには、抗酸化作用、血圧を下げる、便秘の予防と改善などの効果があると言われています。

 

しかし、栄養的に見るとナスの果実の主成分の93%は水分と糖質で、他の野菜と比べると、栄養価やカロリーの点から見れば特に多い方ではないそうです。

 

夏野菜として代表的なトマトとの成分を比較してみても、脂質、タンパク質、ビタミン類、ミネラルなどの含有率の低い野菜といえます。

 

 

また、ナスの言い習わしとして、

  • 「秋茄子は嫁に食わすな」
  • 「親の小言と茄子の花は千に一つの無駄もない」
  • 「瓜の蔓に茄子(なすび)はならぬ」

など、有名なものがあります。

 

1日の摂取目安量

中大サイズ 1〜2本

私の個人的感想

※ナスは私の好物のひとつで、みそ汁や炒め物、煮物、漬物、揚げ物などにして良く食べます。

 

ウィキペディア参照

 

 


トップへ戻る