ニンジン デザイナーフーズリスト 抗がん食品

ニンジン

ニンジン

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【ニンジン】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

ニンジンは野菜の中でも栄養成分が多いと言われています。

 

特にニンジンにはβ-カロテンやα-カロテンが豊富に含まれている事から癌の発生や進行を抑える働きがあるようです。

 

また、ニンジンにはカロテン以外にもビタミンB1・B12・C・E・K、食物繊維などの成分が含まれることで抗酸化作用の働きでガン予防の効果があると言われています。

 

その他にもニンジンには、便秘予防の改善、血圧を下げる、粘膜を正常に保つ、疲労回復、体力づくりなどの効果があるそうです。

 

【電子レンジでの発火に注意】
ニンジンについて調べていた時に目に留まりましたのでお伝えします。 
未調理の状態の少量のニンジンを電子レンジで加熱すると、電子レンジのマイクロ波によって眩しいスパーク現象と共に発煙して炭化する事があるそうです。レンジに入れる前に少量の水をかけたり、レンジに入れる量を100g以上に増やしたりすることで回避できるとの事ですので、ニンジンを少量レンジに入れる場合は注意するようにしましょう。

1日の摂取目安量

『中サイズ1本』を目標にすると良いと言われます。

私の個人的感想

私はニンジンには特別な想いがあります。
私は野菜の中でもニンジンは特に苦手であの、特有の味がダメです。しかし闘病中はそんな事を言ってられません。
『生きるために』食べなければと味が分からないように他の具材(おかず)と一緒に食べたり、『生きるために』それこそ”必死”でニンジンジュースを毎日欠かさず飲んでいました。(今でもニンジンはやはり苦手ですが・・・)

 

ちなみにニンジンは葉も食べられるそうです。葉は、野菜炒めや天ぷら、お浸しなどがお勧めだそうです。味はセリに似て独特の清涼感があるそうです。(私は食べた事はありません。)

 

ウィキペディア参照

 

 

 


トップへ戻る