ニンニク デザイナーフーズリスト 抗がん食品

ニンニク

ニンニク

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【ニンニク】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

概要 ニンニクの発がん抑制効果が注目されたのは、アメリカと中国共同で行われた研究からでした。

 

それによると、ニンニクを年間1.5キロ食べている人はほとんど食べていない人と比較して消化器系のガン予防に有効であるとの発表でした。

 

ニンニクの大きな特徴である臭い成分は、アリシンなどのイオウ化合物で殺菌、抗菌力も強いようですが、ガン予防にも有効に働く効果があるそうです。

 

その他として、疲労回復や新陳代謝を高める、老化防止、動脈硬化の予防など効果の働きがあると言われています。

 

*ニンニクは生のままでも加熱しても効果は変わらないそうです。

1日の摂取目安量 ニンニク生1かけ(5グラム) 加熱2〜3かけ (子供や高血圧の人は、その半分以下が適量だそうです。)
私の個人的感想 個人的にニンニクはそんなに得意な方ではありませんが、私も食べます。闘病中はニンニクよりもレバニラ炒めを良く食べていました。ニラもニンニク同様の成分があり、抗がん作用があると言われています。

 

 

 


トップへ戻る