バジル デザイナーフーズリスト 抗がん食品

バジル

バジル

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【バジル】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

バジルは、タラゴン・ハッカ・オレガノ・タイム・アサツキ・ローズマリー・セージなどのハーブの一種で、西洋の漢方薬とも言われています。

 

バジルをはじめ、これらのハーブ類は、薬用・食用・香料などに用いられ、ハーブ特有の個性的な香りを放つ芳香成分・ビタミンA・テルペン・フェノール・メントール・カルノソール・ゲラニオール・カルポン・リナロール・チモール・β-カロテンなどが含まれる事で、抗がん作用があると言われています。

 

ちなみにハーブ類の中でもバジルをはじめ、シソ科の植物やオレガノ、セージなどが抗がん作用が高いそうです。

 

 

1日の摂取目安量

:各々により違いますので専門店や医師の詳しい説明(相談)が必要だと思います。

私の個人的感想

※私はハーブ類はほとんど食すことはありません。

 

 

 

 


トップへ戻る