亜麻 デザイナーフーズリスト 抗がん食品

亜麻

亜麻

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【亜麻】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

亜麻は日本では江戸時代に種を薬として使うために限られた範囲で栽培され、明治から昭和初期にかけて繊維用に北海道で広く生産されました。

 

茎の繊維は、衣類などリネン製品となります。

 

種子からは亜麻仁油(あまにゆ、リンシードオイル、フラックスシードオイル)が採れ、これは食用や塗料、油彩に用いられます。

 

その他、製粉してパンやクッキーなどに使用されています。

 

 

亜麻には、αリノレン酸、リノール酸、オレイン酸などの成分が含まれていることでガン予防の効果があると言われています。

 

その他にも亜麻には免疫機能の改善や活性酸素の抑制効果などもあるそうです。

 

また、亜麻には多様な園芸種があります。

 

多年草の園芸種の亜麻は花が可憐なことや栽培が容易なことから愛好者が増加し、北海道では一般家庭だけでなく、街路の植樹帯や公園でも栽培されているそうです。

 

特に札幌市の麻生町や苗穂地区および当別町では、亜麻の歴史と文化の普及のために多彩な行事が開催されて、亜麻を生かした街づくりが行われているとの事です。

亜麻

 

 

1日の摂取目安量

亜麻仁油(アマニユ) おちょこ1杯程度

私の個人的感想

※私は亜麻は知りませんでした。このデザーナーフーズリストで知りました。

 

ウィキペディア参照

 

 


トップへ戻る