大豆 デザイナーフーズリスト 抗がん食品

大豆

大豆

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【大豆】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

概要 大豆は良質なタンパク質が含まれていて、栄養価が高いことから『畑の肉』と呼ばれています。

 

菜食主義や殺生を禁じた宗教においては植物性のタンパク源として利用され、精進料理においても重用された事で多くの加工食品が生み出されました。加工食品の技術が上がるにつれて、肉料理の代替食品としても注目されています。

 

大豆をはじめ、大豆製品、豆腐、納豆、味噌、醤油などには、優れた抗ガン成分やイソフラボン、サポニンやビタミンB2、ビタミンEなどが含まれていて大豆そのものを食べなくても多種類の大豆製品を積極的に取り入れることで強力な抗ガン効果が得られると言われています。

 

その他に大豆は便秘予防の改善、腸内の善玉菌を増やしたりコレステロールを下げる、動脈硬化を防ぐ、老化防止などの効果があるようです。
また、大豆オリゴ糖を関与成分とした特定保健用食品などもあります。

 

1日の摂取目安量 大豆・大豆製品 1日の目安量   :豆腐 一丁   :納豆(3パック入)1パック

 

※大豆は納豆や枝豆のような原形をとどめたものをはじめ、きな粉や豆腐などのように、粉砕したり搾ったりしたもの、醤油や味噌などのように発酵させた加工食品もありますので、いろいろな『形』の大豆を食せると良いと思います。

私の個人的感想 豆腐と納豆は毎日の晩酌のおつまみとして欠かせない一品で、いつも冷蔵庫にはストックしています。 

 

ふと気付くとウッカリ賞味期限切れなどという時もありますが私的には『少しくらいなら…』と食べてしまいます。

 

ウィキペディア参照

 

 

 


トップへ戻る