柑橘類 デザイナーフーズリスト 抗がん食品

柑橘類

柑橘類

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【柑橘類】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

柑橘類の果実は主に食用となります。

 

果実の「爽やかな香り」と「甘酸っぱい味」が特徴です。

 

甘い種類は生食・ジュースや製菓材料として、酸味が強い種類は菓子のほか料理の酸味づけとして世界各地で広く利用されています。

 

オレンジやレモンのように世界的にポピュラーなものもあれば、地域ごとに特色のある柑橘類も存在し利用方法も様々なようです。

 

 

オレンジ・レモン・グレープフルーツなどの柑橘類には、ビタミンC・E・P、カリウム、β-カロテン、フェノール、クエン酸、食物繊維などの成分、抗酸化ビタミンが含まれる事で、ガン予防の効果があると言われています。

 

その他にも柑橘類には、毛細血管を丈夫にする、疲労回復、血圧を下げる、便秘予防と改善などの効果があるそうです。

 

 

1日の摂取目安量

:オレンジ…1個  :グレープフルーツ…半分〜1個  :レモン…半分  :みかん…2個

私の個人的感想

※ふと、闘病中の事を思い出していました。
それは、オレンジなどの柑橘類は、『必ず』と言っても良いほど病院食で出ていました。柑橘類の多くは昼食に出ますが、その柑橘類をラップに包んで、午後のおやつ時間に食べていたことを思い出します。

 

ウィキペディア参照

 

 


トップへ戻る