玉ねぎ デザイナーフーズリスト 抗がん食品

玉ねぎ

玉ねぎ

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【玉ねぎ】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要

玉ねぎにはビタミンB1、C、E、食物繊維などの成分が含まれています。

 

玉ねぎを切ると涙が出るのは『アリルプロピオン』と言う刺激物質の成分と言われ、他にも玉ねぎには刺激物質の成分が数種類含まれているそうです。

 

その中の一つ、ニンニクやニラなどにも含まれているイオウ化合物に抗がん効果があると言われています。

 

イオウ化合物は2つの作用を持っています。

 

1つは発ガン物質を無毒化にする解毒酵素を活性化させる作用、もう1つは、活性酵素を除去する抗酸化作用です。

 

それらの作用によりイオウ化合物は発ガンにストップをかけてくれる効果があると言われています。

 

その他にも玉ねぎには、食欲増進や疲労回復、便秘の予防や改善、細菌やウイルスに対する抵抗力をつけるなどの効果があるそうです。

 

※サルは好んで食べることもありますが、ウサギ、イヌやネコなどの動物が食べた場合、成分に含まれる有機硫黄化合物が血液中の赤血球を破壊するタマネギ中毒の原因ともなるそうなので注意が必要です。
(ちなみに人でも大量に食べるとタマネギ中毒になる恐れがあるそうです。)

 

1日の摂取目安量

中サイズ半分程度

私の個人的感想

※私は玉ねぎは好きですので、味噌汁の具や煮物、サラダなどにして良く食べます。

 

ウィキペディア参照

 

 


トップへ戻る