甘草(カンゾウ) デザイナーフーズリスト 抗がん食品

甘草(カンゾウ)

甘草(カンゾウ)

デザイナーフーズリスト・抗がん食品【甘草(カンゾウ)】についての概要、1日の摂取目安、個人的な感想です。

 

 

概要 甘草(カンゾウ)は、スーパーなどで生のまま売られているのではなく、マメ科の植物で生薬(漢方薬)の一つとして日干しにしたものが売られています。それらを煎じて飲みます。

 

甘草(カンゾウ)には、サポニン、グリチルリチン、ブドウ糖など甘味を持つ成分がガン予防の効果があると言われています。

 

また、甘草(カンゾウ)の甘味成分は、味噌や醤油、キャンディーなどの食品に使用されているそうです。

 

1日の摂取目安量 薬剤師の指示に従うようにして下さい。
私の個人的感想 私は甘草(カンゾウ)を食した事はありませんが、ガン克服後は身体の免疫力を考え、市販の鹿角霊芝(ロッカクレイシ。キノコを乾燥させたものを妻と共に煎じて飲用しています。

 

ウィキペディア参照

 

 

 


トップへ戻る